top of page

コロナ禍が働き方改革を促す

コロナ禍によって、テレワークやリモートワークの需要が高まりました。しかし、現場勤務ではすべての業務が遠隔で行えるわけではなく、業務の遂行が難しくなったり、人員不足が生じることがありました。また、コロナ禍は一時的な経済の停滞や制限を引き起こし、従業員の流動性を著しく減少させ、それが現在も継続しています。その結果、現場勤務がある業種、例えば流通・小売りはでは人員の採用が困難な状況が続いており、チェーン店の運営にも大きな影響を及ぼしています。

このような企業では、働く環境を改善し、働き手にとって魅力的な職場を提供することが従来以上に求められており、「働き方改革」は魅力的な職場作りに重きを置くことになります。

一方、コロナ禍で過酷な勤務を強いられた医療機関の現場では、厚生労働省のイニシアチブで「働き方改革」が進行中です。この視点も医療機関に勤務する各分野のエキスパートの負担を減らし、働く環境を改善しようという取り組みです。

このような社会情勢にあって、医療機関に勤務するエッセンシャルワーカーや、流通・小売の店舗などの現場で勤務するフィールドワーカーの勤務シフトは「働き方改革」を促進するために有効なツールとなります。

ウィンワークスがお客さまと取り組んできたプロジェクトで得た知見をブログ記事として連載していきます。





Comentarios


注目記事
最近の記事
カテゴリ
bottom of page