スケジューリング・シンポジウム2019にて発表

September 22, 2019

2019年9月19日~20日に筑波大学で開催されたスケジューリング・シンポジウム2019で弊社チーフ・サイエンティストの竹内真樹が「勤務シフト計算クラウドサービスを可能にする段階的目的関数 を適用した繰り返し最適化」と題して発表しました。

 

多数の方に聴講いただきました。

 

このシンポジウムはスケジューリング学会が毎年開催しているもので、スケジューリングに関する理論やアプリケーションに関する分野における国内トップの研究者や技術者が参加しています。

 

この論文のPDFをご希望の方はこちらのページからご請求ください。

 

 

Please reload

注目記事

モノとカネは見えた、ではヒトは見えているか

November 13, 2019

1/3
Please reload

最近の記事
Please reload

過去の記事