2021-02-08

勤務スケジュール自動作成クラウドサービス(WINWORKS One)に、シングルサインオン(SSO)オプションを追加、お客様企業のID管理と連携した認証を開始

勤務スケジュール自動作成クラウドサービス(WINWORKS One)に、シングルサインオン(SSO)オプションを追加、お客様企業のID管理と連携した認証を開始

統合ID管理を実施しているユーザー企業向けに、SAMLプロトコルに沿ったID管理連携認証を開始しました

効率的な勤務計画の作成を通じて企業の経営効率向上を支援するウィンワークス株式会社(東京都千代田区、代表取締役:森庸輔、以下ウィンワークス)は、勤務スケジュール自動作成クラウドサービスであるWINWORKS Oneに、お客様企業のID管理と連携してシングルサインオン(SSO)ができるオプションを追加し、2021年2月1日から提供開始いたしました。今回オプション追加したSSO機能はOASISで標準として策定されたSAML(Security Assertion Markup Language)を利用してお客様企業のID情報、例えば、Active Directoryなどを利用したシングルサインオンを実現します。WINWORKS Oneご利用ユーザーは無償でこのオプションを選択できます。

​プレスリリース本文はこちら