Top > ニュース > プレスリリース > 

2011-05-18

2011-05-18

Linuxサーバーで稼働する「WINWORKS(TM) One」ソフトウェアのバージョン3.0を提供開始 ~計算性能を大幅に向上~

Linuxサーバーで稼働する「WINWORKS(TM) One」ソフトウェアのバージョン3.0を提供開始 ~計算性能を大幅に向上~

「WINWORKSTM One」のバージョン3.0を提供開始

ウィンワークス株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:渡 邊 邦昭、以下ウィンワークス)は平成23年5月18日より勤務表作成に要する計算時間を大幅に向上した「WINWORKSTM One」のバージョン3.0を提供開始致しました。 本ソフトウェアは、要員配置からムリ・ムダを排除し人件費を減らすと供に売上機会を最大 化することを狙った勤務シフト表 自動作成するもので、サービス業を中心に多くのお客様で効果を上げてきました。今回のバージョンアップで、大幅な計算時間を短縮を実現しました。さらに、従来は Windows Server で稼働していた計算モジュールを Linux プラットフォームで稼 働させることができるようになりました。

​プレスリリース本文はこちら