KPI、サービス改善の決定打

 

ラコステ ジャパンは店舗要員計画、店舗勤務スケジュールの適正化を目的に2015年からWINWORKS Oneを運用しています。

 

日経情報ストラテジー誌はラコステ ジャパンを詳細に取材し、成功に至る着眼点とプロセスを特集として取り上げました。

 

 

 

『店舗運営の効率を測るKPIを、ラコステ ジャパンは2つ用意した。「SPH(セールス・パー・アワー)」と「SOT(セールス・オーバー・トラフィック)」である。』
 

『一見、矛盾するような店舗運営を可能にした秘密兵器が、ウィンワークスが提供する新しい店員管理システム「WINWORKS One」だ。』

 

 

 

抜き刷りをご希望の方は以下のフォームにご記入いただき、弊社宛にご請求ください。

日経BP書店-日経情報ストラテジー